So-net無料ブログ作成
ちょっとひと息 ブログトップ
前の10件 | -

お庭でハロウィンを楽しむ♪ [ちょっとひと息]

千葉県東金市でエクステリアやガーデンの提案をしております株式会社ダイカワです。


昨日は、中秋の名月[満月]

a0960_006961_m.jpg


う~ん。美しい・・・[exclamation×2]


お団子やすすきを用意したあとは、お庭から月をみて、風情豊かな日本の秋を楽しまれた方もいらっしゃると思います[手(パー)][ぴかぴか(新しい)]

お月見のときは、いつもライトアップ[ひらめき]されているお庭の灯りをちょっとだけ消して、お月様の明かりを感じることもおつなものですよね~[わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]


そうそう[exclamation×2]お月見だけでなく、10月はまだまだイベントがあるんですよね[目]

日本でも、年々規模が拡大されているハロウィンのイベントがその一つ!

そもそもハロウィンっていうのは、ヨーロッパ発祥のお祭りで、秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするというものだそうです。そして、そのお迎えの時に、悪霊を追い払うこともするそうなんです[るんるん]
ハロウィンの仮装イベントは、その悪霊を驚かして追い払うために行うそうなんですね[イベント]

もともとはこれが由来になっていますが、特に日本では、大人と子供が仮装して楽しむイベントになっていますね[グッド(上向き矢印)]

さて、ハロウィンでは、目と口と鼻をくりぬいて中にキャンドルをいれたカボチャを飾ったり、仮装した子供たちが「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ)」といって、お菓子をねだる風景も思い浮かべちゃいます。
pumpkin-2327488_1920.jpg
このようなハロウィンのイベントを楽しむために、お庭や家の中にも飾りつけをして、ご近所さん同士でハロウィンのイベントを開催しているところも増えているようです。子供たちがご近所さんにお菓子をもらいに行ったりする光景を考えるだけでもワクワクしちゃいます[ハートたち(複数ハート)][わーい(嬉しい顔)]
子供にとってはたーくさんのお菓子がもらえちゃったりするので、年に一度のそれはそれは楽しいイベントになっているようですよ[NEW]

さて、今回ダイカワのブログでは、エクステリアで使えそうなハロウィンの飾りつけをちょっとだけご紹介しますね[わーい(嬉しい顔)][手(パー)]


a0790_001076_m.jpg

[右斜め上]真ん中に大きなかぼちゃを置いて、そのまわりに隙間なくカボチャをならべてみたり・・・


pumpkin-991825_1920.jpg

[右斜め上]すすきのようなもので魔女をつくってお庭に置いてみたり・・・


pumpkin-2455250_1920.jpg
[右斜め上]かわいいカボチャのオブジェをおいてみたり・・・



pumpkin-2725299_1920.jpg
[右斜め上]
これは、海外しかみられない光景かもしれませんが、スペースに余裕がある場合は、大きなカボチャを並べてみる!



skeleton-2267910_1920.jpg
[右斜め上]お庭にこのような石があれば、ガイコツをおいてみたり・・・ こ、こわい・・・



veszprem-1871330_1920.jpg

[右斜め上]
これならできそう!玄関先にカボチャとライトだけをおいても雰囲気でます。


halloween-decorating-2455253_1920.jpg
[右斜め上]
花ではなく、カボチャを窓際に並べてみるとおもしろいかもしれません。



それから、今、街ではどのような飾りつけをしているかダイカワなりの調査してみました[目]


PA031759.JPG
東京都港区にある東京ミッドタウンでは、各店舗でハロウィーンのイベントをしていましたよ~[グッド(上向き矢印)]

エクステリアはこのような飾りつけ[るんるん]
PA031758.JPG
[右斜め上]緑の竹とハロウィンのオブジェが融合。


続いて、同じく港区にある表参道駅近辺の施設では、下のような写真のオブジェを発見。
PA031760.JPG

[右斜め上]玄関にこんなオブジェがあったら、帰宅した人が驚いてしまうかもしれません・・・



PA051762.JPG
[右斜め上]こちらは、表参道駅からすぐの花屋さん「ニコライバーグマン」。カボチャも売ってくれるそうですよ!こんなにたーくさんの種類のカボチャがあって、びっくりしました!



色々ご紹介しましたが、お庭や室内にカボチャをおいて、仮装した大人や子供たちにお菓子を配るだけで、ハロウィンの気分を味わえると思います[exclamation]
是非素敵なお庭で、ハロウィンの秋を楽しんでくださいね[わーい(嬉しい顔)][exclamation×2]

nice!(0) 

お庭が色づきます!秋の紅葉樹木特集♪ [ちょっとひと息]

千葉県東金市でエクステリアやガーデンの提案をしております株式会社ダイカワです。

樹木が、夏の緑色から少しずつ赤や黄色に色付きはじめてきましたね[exclamation×2][ぴかぴか(新しい)]

日中はまだまだ暑い日が続きますが[ふらふら]、朝晩は冷え込むようになってきましたので秋を感じる季節となってきました[わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]

秋といえば、私がまず頭に浮かぶものは、やっぱり「食欲の秋[ファーストフード][演劇]。今日は、ダイカワでも「食欲の秋」としてお届け・・・としたいところですが[あせあせ(飛び散る汗)]、(スタッフみんなにつっこまれそうなので)ダイカワらしく秋を感じるエクステリア関連の情報をお届けしたいと思います~[ハートたち(複数ハート)]


早速ですが[NEW]、今回は、紅葉する樹木特集をお送りしちゃいます~[exclamation][グッド(上向き矢印)]


まず、紅葉する「葉」というものはどのようなものか・・[exclamation&question]といいますと、紅葉するのはすべての樹木ではなく、主に、葉っぱが落ちる”落葉樹”になるそうです。


そして、色鮮やかに紅葉するには、十分な日光[晴れ]が必要だったり、寒暖差[晴れ][雪]も重要となります。

赤色か黄色といった様々な色に紅葉する理由としては、何の色素が葉の中に含まれているか・・・の違いによって、色づき方が異なってくるそうです。赤色であれば、アントシアニン、黄色であればカロテノイドという色素が関わってくるということです[わーい(嬉しい顔)]


まだまだ紅葉の仕組みの説明をしたいところですが[たらーっ(汗)]、ここからは、本題の”紅葉する樹木”をご紹介しますね[ぴかぴか(新しい)][手(チョキ)]


[1]イロハモミジ (ムクロジ科 カエデ属)

momiji.jpg
特に説明はいらないとも思いますが、”The King of 紅葉(紅葉の王様)”にふさわしく、誰もが知る紅葉の樹木。和風庭園に使われることも多いのですが、洋風庭園にもとてもよく似合う樹木ですのでよく使われます。



[2]ドウダンツツジ(ツツジ科 ドウダンツツジ属)

doudantutuji_big.jpg
秋になると真っ赤に紅葉するドウダンツツジ。この赤とは対象に、春にはスズランにも似たような、白いかわいい花を咲かせます[ぴかぴか(新しい)]
ちなみに、豆知識として書いておきますが、兵庫県豊岡市の「安国寺」は、樹齢約150年といわれるドウダンツヅジでとても有名なお寺です。絵画のように美しく紅葉した見事なドウダンツツジをみることができるそうなので、是非行ってみたいですね[exclamation]


[3]ナンキンハゼ (トウダイグサ科)
nankinhaze.jpg
新緑を楽しんだ後に黄色い花をさかせ、紅葉した後には白い実をつけますので、一年を通して様々な顔を楽しめます。
雑草のようにどんな土壌でも育ち、剪定にも強いたくましい樹木なんです[手(パー)]
私が特にいいなと思っているのは、葉先がとがっていて、ハート[黒ハート]型の葉形がとっても愛らしいところです~。



[4]イチョウ(イチョウ科イチョウ属)

icho.jpg
東京都港区にある明治神宮外苑のイチョウ並木は、紅葉の時期になると、300メートルも続く道がみごとな黄金色に輝きます。
病気や害虫、風や乾燥に強くとっても丈夫な樹木です。



[5]カエデ(ムクロジ科 カエデ属)

kaede.jpg
カエデとモミジは、植物分類上で区別されないということに、私はちょっとびっくりしました[目][あせあせ(飛び散る汗)]。別物の樹木とおもっていたのが実は、日本以外では、モミジもカエデも一緒だそうです。日本では、葉の突起の数や切れ込み具合で、あえて分けて表現しているということだそうです[ひらめき]



[6]カキ(カキノキ科 カキノキ属)

kaki.jpg
カキは、俳句の秋の代表的な季語となっていて、正岡子規も「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」というように、一句よんでいましたよね[手(パー)]。日本では、カキを植えて食するということは大和時代からの歴史があり、なんと、奈良県には”柿の博物館”まであったりします。

紅葉の時期に目でみて楽しむだけでなく、果実をいただくことができます。また、昔から、カキの葉には殺菌作用や栄養があることもわかっていて、”柿の葉寿司”や”柿の葉茶”はその効用をつかった製品になるということなんですね。


[7]ブルーベリー(ツツジ科スノキ属)

ブルーベリー.jpg
私はブルーベリーの葉が、紅葉するっていうことにいささか驚きましたが、とても鮮やかな赤色に紅葉します[ぴかぴか(新しい)]。写真のような果実もおいしくいただけるので、一本お庭にあるとお子様と果実を収穫したりと楽しいかもしれませんね。ブルーベリーの紅葉の写真がなかったので、(申し訳ないのですが)紅葉前のブルーベリーを掲載しておきます[あせあせ(飛び散る汗)]




それから、とっても楽しい本を見つけてしまいました[exclamation×2][わーい(嬉しい顔)]

P9211568.JPG
このような紅葉ハンドブックを持ちながらお散歩するのもいいですよね[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]



最後になりますが、ダイカワの敷地でも色々な樹木が紅葉しますので、ご紹介しますね。
IMG_20151211_095549.jpg



IMG_20151213_090546.jpg


IMG_20151208_080826.jpg


img-514072544.jpg


今回ご紹介した樹木たちが、これからの時期は紅葉してお待ちしていますので、お時間がある方は是非お越しくださいね[exclamation×2][わーい(嬉しい顔)]




nice!(0) 
共通テーマ:住宅

(続)エクステリアも楽しみたい!夏休みのおすすめスポット「箱根ガラスの森美術館」 [ちょっとひと息]

千葉県東金市でエクステリアやガーデンの提案をしております株式会社ダイカワです。
前回に引き続き、日本屈指のリゾート地でもある神奈川県箱根エリアの「箱根ガラスの森美術館」をご紹介します~[exclamation]

13.JPG
こちらは、インテリアに使われることが多いマジックスパイラルです[ぴかぴか(新しい)]
欧米では幸運を呼ぶアイテムとして使われることもあるそうですよ[グッド(上向き矢印)]カッティングされた中央のクリスタルボールが、光に反射することで幻想的な光の演出を楽しむことができます。


14.JPG
ガラスのアートは、緑に映えますね~[ひらめき]


15.JPG
このような素敵な橋もあります[わーい(嬉しい顔)]

16.JPG
17.JPG
18.JPG
今から、ここで、水の流れる音に癒されたい・・・・[わーい(嬉しい顔)]


19.JPG
ヨーロッパでは古くから建築や道路舗装、敷石に使用される形ですね[目]


20.JPG
このタイルも好きなテイストです~[ぴかぴか(新しい)]


21.JPG

22.JPG
様々な色の石を壁につかうことで、このようなデザインに生まれ変わります。



22.5.JPG




23.JPG
このハート[黒ハート]のオブジェをみると、なんだか幸せな気持ちになれます[晴れ]




シダレカツラ.JPG
こちらは、シダレカツラという樹木です。


サンショウバラ.JPG
こちらは、サンショウバラです。


26.JPG

27.JPG
最後になりますが、箱根の森の人気者「マガモ」です[exclamation×2]
この美術館で生まれ育ったカモは、渡り鳥にならずに、ほとんどが池に住み着いているそうですよ[手(パー)]
いいお庭や景色に囲まれて、居心地がいいんですね~[わーい(嬉しい顔)]
「この夏、エクステリアも楽しみたい!」という方は、箱根の森美術館を是非お楽しみください~!


nice!(0) 
共通テーマ:住宅

エクステリアも楽しみたい!夏休みのおすすめスポット「箱根ガラスの森美術館」 [ちょっとひと息]

千葉県東金市でエクステリアやガーデンの提案をしております株式会社ダイカワです。


もうすぐ夏休み[ぴかぴか(新しい)][目]


夏休みに帰省する人、長期休暇を利用して家族旅行[飛行機]をしっかりと計画中という人、もう[exclamation][わーい(嬉しい顔)]考えるだけでワクワクしちゃいますね[グッド(上向き矢印)]


今回のダイカワブログでは、これから夏休みに過ごす場所を考えなきゃ~[ふらふら]という方のために、エクステリアやお庭も楽しめてしまう夏休みのお出かけスポットを紹介したいと思います[exclamation×2][手(チョキ)]


オススメのスポットの一つは、日本屈指のリゾート地でもある神奈川県箱根エリアの「箱根ガラスの森美術館」です~[演劇]



1.JPG


入口をはいると、ここは日本[exclamation&question]と錯覚してしまうような異空間が広がります[ぴかぴか(新しい)]

「箱根ガラスの森美術館」は、15世紀~18世紀にかけてヨーロッパ貴族を熱狂させたヴェネチアン・グラスを数多く展示しています。なんと!日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館なんです[るんるん]


ヴェネチアン・グラスって[exclamation&question]という方のために、ちょっと調べてみました[手(チョキ)]


アドリア海に面したイタリア北部の都市に、ヴェネチアは存在します。水の都としても有名で、曲がりくねった道では車は走ることができずに、かつては、手漕ぎボードが輸送の手段として活躍していた街でもあります。現在も観光でゴンドラに乗る人も多いですね。そのヴェネチア北部のムラーノ島で、ヴェネチアン・グラスが誕生したそうです[exclamation]


さて、話は戻って、「箱根ガラスの森美術館」のエクステリアをご紹介します!



2.JPG
[右斜め上]右側の白いガラスのオブジェは、「パラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリア」という作品(1枚目の写真でも中央に確認することができますね!)。


3.3.JPG
[右斜め上]奥に見える山が借景になっていて、見事です。



3.JPG
[右斜め上]左側のアーチは、クリスタル・ガラスで作られた「光の回廊」という作品。撮影した日は、曇り空でしたので、キラキラ輝く姿を撮影できるチャンスは限られていました。約16万粒のクリスタルガラスが、風に揺れて、様々な表情をみせてくれますよ。



1.1.JPG
[右斜め上]撮影は、6月に行いました。アジサイの花は、早咲きから遅咲きまであるそうなので、7月下旬くらいまで楽しめるそうです。

4.JPG


6.JPG
[右斜め上]水車小屋がありました!ここでは、ジャムやメープルシロップなども買えます。



7.JPG


8.JPG


9.JPG


10.JPG
[右斜め上]ガラスの森美術館だけにしか存在しないアジサイです[NEW]クリスタル・ガラスで作られたオリジナルのアジサイ[かわいい]


11.JPG
[右斜め上]こちらもクリスタル・ガラスで作られたアジサイです~。


まだまだご紹介したい写真がありますので、続きは次回をお楽しみに[わーい(嬉しい顔)]

nice!(0) 
共通テーマ:住宅

新宿「ニュウマン(NEWoMan)」のガーデンを散策 [ちょっとひと息]

千葉県東金市でエクステリアやガーデンの提案をしております、株式会社ダイカワです。


先日、ちょっと前にオープンした新宿の「ニュウマン」に行ってきました~[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]


7.JPG


新宿という都心のビルにも関わらず、各階を散策できる緑豊かなガーデンが充実していましたので、こちらでご紹介します[exclamation×2]


「ニュウマン」は、新宿駅直結の複合施設となっていて、洋服、レストラン、美容施設、病院、保育園、イベントホールなど集結させています[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


4.JPG

6.JPG

ニュウマンのコンセプトがなんとも素敵でして、

”女性が輝き続けることができる経験と価値を提供する”

と毎日利用したくなるような場所なのです[晴れ]


「ニュウマン」のお庭は、お庭を各階をつなげるように造られています。

どういうことなのかといいますと、ビルの階段の起伏を上手につかった造りになっていて、ちょっとした街を散策しているような気分になりますよ~[るんるん]緑の中を散策していると素敵なカフェ[喫茶店]やレストラン[ファーストフード]を発見できたり、お洋服[ブティック]をみることができたりと楽しい施設[exclamation]


さて、それでは、ダイカワならではの[目]、お庭やエクステリアを中心とした施設の案内スタートです[exclamation×2]新しくお庭をつくったり、リフォームするときのエクステリアの参考になれば嬉しいです[グッド(上向き矢印)]



こちらは、Suicaのペンギン広場。黄金のペンギン像もあります。

1ペンギン広場.JPG

3ペンギン像2.JPG
[右斜め上]本当に黄金なんです!新宿駅での待ち合わせにいいそうです~。



8.JPG
[右斜め上]この角度からの写真は、新宿のようにみえるかもしれません。線路とデパートの近くで、ホット息抜きできるスペースですね。


9.JPG
[右斜め上]
ウッドデッキと白いベンチ?のコントラストが素敵です。


さらに進んでいきましょう[手(パー)][ぴかぴか(新しい)]



10.JPG
[右斜め上]かなりの種類の緑が植えられています。



11.JPG
[右斜め上]円形のベンチが、気持ちを楽にさせてくれるような気がします[ぴかぴか(新しい)]

12.JPG
[右斜め上]新宿での帰り道、お友達とここでおしゃべりするのも素敵♪


13.JPG
[右斜め上]こちらのなが~いベンチでお昼寝したい~。気持ちよさそうです~。


続いて、6階の「ガーデン」エリアへ登っていきたいとおもいます・・・・[るんるん]


14.JPG
15.JPG
[右斜め上]壁面緑化にまた出会えました!


16.JPG
[右斜め上]この壁面緑化の一部をよく見てみると、コケのような場所に緑を設置しています。

階段を下りて行ってみましょう。


17.JPG
[右斜め上]都心にあるとは思えないような、茂った樹木たち。


18.JPG

[右斜め上]階段を下りていきますと、養生中の芝生を発見。ビルの上で生き生きとしています。ゴロンと横になりたい~

19.JPG

[右斜め上]また景色が変わりました!コンクリートと緑のコラボです。

20.JPG
[右斜め上]奥に見えるのが、新宿高速バスターミナルの「バスタ」。上から眺めると、芝生などの緑を多く使っているのがわかります。


21.JPG
[右斜め上]さらに進んでいきますと、なんと、”ファーム”があります!新宿で菜園だなんて、オシャレすぎます♪



22.JPG
[右斜め上]また雰囲気がかわって、水とオブジェのモダンな場所がありました。


24.JPG
[右斜め上]この回廊は、開放感があり、思わず小躍りしたくなってしまいます。



25.JPG
[右斜め上]最後のお写真は、建物の中をパチリ。室内空間に緑を置きたいときの参考になれば・・・・

nice!(0) 
共通テーマ:住宅

(続)「GINZA SIX」の屋上庭園を歩いてみました [ちょっとひと息]

先日に引き続き、「GINZA SIX」の屋上庭園の様子をレポートしますね[exclamation×2]



この日は、晴天でしたので、青い空を見上げては「気持ちいい~」とリフレッシュすることができました[晴れ]こちらのアプローチから続いてみえる壁面は、空と一体化したようにみえませんか[exclamation&question][かわいい]空中に浮かぶ庭園といったところでしょうか・・[ひらめき]

P5020799.JPG



続いて、ウッドデッキのあたりを散策[るんるん]コンクリート張りの場所とは印象が違いますよね!このあたりは、シロダモ、ヒイラギナンテン、サツキのような樹木もありましたし、タイムのようなハーブも顔をだしていました[ぴかぴか(新しい)]

P5020808.JPG



木製のベンチで寝転んでしまいたい~[ぴかぴか(新しい)][わーい(嬉しい顔)]と思うような、居心地のいいベンチでした。
P5020811.JPG


ウッドデッキの上が涼しい木陰になっていて、日々のストレスもなくなってしまうような居心地の良い空間[ぴかぴか(新しい)]

P5020858.JPG



こちらは、ライトアップ用の照明です。こちらのライトを灯せば、大人な銀座の街に映えるような落ち着いた空間に変身するのでしょうね[グッド(上向き矢印)]

P5020819.JPG


お!東京タワーを発見です[目][手(パー)]反対側には、スカイツリーも見えますので、こちらで東京見物ができちゃうかも[exclamation&question]

P5020820.JPG



大理石調のベンチと緑がこのスペースに映えます。高級感が漂って、ゆっくりできそうですよね[ぴかぴか(新しい)]P5020860.JPG


下のお写真は、かなり高いスペースを壁面緑化にした空間です。見上げてしまいたくなる、ラグジュアリーなスペースでした[exclamation]

P5020863.JPG

P5020864.JPG




おまけ:GINZA SIX施設中央の吹き抜け部分は、不定期に、アート作品が展示されます。記念すべきオープンと同時に展示された作品は、草間弥生さんのものです。草間弥生さんといえば、水玉模様のこのカボチャの作品が有名ですが、香川県の直島(なおしま)にも展示されたことで注目を浴びましたよね!


P5020866.JPG

nice!(0) 
共通テーマ:住宅

「GINZA SIX」の屋上庭園を歩いてみました [ちょっとひと息]

千葉県東金市でエクステリアやガーデンの提案をしております、株式会社ダイカワです。


銀座の施設としては最大級の商業施設「GINZA SIX」がオープンしてから、もうすぐ一か月が経とうとしています[目][ぴかぴか(新しい)]各テレビや雑誌などでも大々的に取り上げられましたよね[exclamation×2]


1.JPG


「行ってみたい~」と思っていましたが、一番気になっていたのは、やはり屋上庭園の「GINZA SIX ガーデン」です[わーい(嬉しい顔)]

どんなエクステリアだろうなぁ。。。と思いながら、銀座の街へ足を踏み入れました。



さて、屋上庭園をご紹介する前に、庭の歴史についてちょっと触れなければ「GINZA SIX」の案内が軽いものとなってしまいますので、さっそくご説明しちゃいますよ~。


いきなりですが、大名庭園ってご存知ですか[exclamation&question]

江戸時代に、各藩の大名が競い合って豪華なお庭を造った形跡が今も残っているのですが、それが大名庭園というそうです。代表的なところだと、旧浜離宮庭園小石川後楽園六義園新宿御苑などがあるのですが、皆さまも、どこかで一度は名前を聞いたことがあるのではないのでしょうか?[ひらめき]


大名庭園は、美しさを楽しむためだけではなく、実用性や機能性との兼ね合いが大事だったそうです[演劇]


たとえば、お庭にお茶屋があったり、社交の場であったりおもてなしとしての機能もあったとのこと。京都のお庭と何が違うのかな~[exclamation&question]と思っていたところだったので、なるほど~[exclamation×2]と感心してしまいました[わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]


銀座という街にある「GINZA SIX」の屋上庭園は、このような江戸時代に広まった庭園の背景もとりいれながら、設計されたそうです。


さて、それでは、屋上庭園をぐるりと一周してみましょう[手(パー)]


モダンで緑あふれる素敵な回廊がお出迎えしてくれます[るんるん]

P5020783.JPG

次は、色々な壁面緑化をみてきましたが、こちらはあえて隙間をあけてならべているので、窮屈感がなくすっきりみえます。

P5020788.JPG


P5020791.JPG


こちらの水盆は、水を抜いて平面としての利用も可能だそうです。P5020793.JPG


植栽をみていると、四季を感じさせてくれる庭園だなぁ。。と感じます~。
サクラやカエデなど日本の四季を味わえる見ごたえのある庭園ですね[NEW][ぴかぴか(新しい)]

P5020794.JPG



それでは、次回は、「GINZA SIX」をぐるり一周したところをご紹介します~[ダッシュ(走り出すさま)]

nice!(1) 
共通テーマ:住宅

桜を植える時に注意することは? [ちょっとひと息]

千葉県東金市でエクステリアやガーデンの提案をしております、株式会社ダイカワです。

関東では、桜の満開の時期は終わって、花びらが散りはじめていますね[晴れ]

まだまだ肌寒い日や雨の日も多いので、外でお花見という日は限られていましたが、これからの時期花びらが散る様子を眺めているのも癒されちゃいます~[わーい(嬉しい顔)]

P4050544.JPG
[右斜め上]先日夜桜を楽しんできました。ライトアップの時期は限られているので、とても貴重な時間でした。

桜を鑑賞をしているときに、私の中でちょっとした疑問が浮かび上がりました[exclamation×2]桜はエクステリアに向いているのでしょうか[exclamation&question]


う~ん[ふらふら]

と、悩んでいるなら聞いてしまえ!ということなので、早速、ダイカワのスタッフに聞いてみました(ちょっとした疑問にすぐに答えてくれるのが、ダイカワのスタッフのいいところです[わーい(嬉しい顔)])。

Q「桜をもし庭に植えた場合、気にしなければいけないところはどこですか?」

A「桜は、代表的な種類はソメイヨシノですが、他にも種類がたくさんあります。一重咲きのヤマザクラ、寒さにとても強いといわれているオオヤマザクラ、開花時期を早くしたいという方にはカワヅザクラなど、花色、花の形など、それぞれに特徴があります。

P4050550.JPG
[右斜め上]先ほどの花の色と違いますよね?花の形も?

これらを庭に植えた場合、気を付けるべきポイントは下のようになります、

1.新緑時期に毛虫が増えるので、消毒での手入れをこまめにしたほうが快適にすごせると思います。


2.桜は、とにかく大きくなります。そして、せん定は嫌うので、自然のまま生育させることになります。もし、どうしても桜を植えたいという場合は、他の種類に比べて、生育が少し控えめな”シダレザクラ”がよろしいかと思います。枝が垂れ下がる様子も風情がありますので・・・






といういくつかポイントになる回答をいただきましたので、皆さまにもお伝えしますね[ぴかぴか(新しい)]


P4050553.JPG
[右斜め上]ここは東京都千代田区にある千鳥ヶ淵という場所です。花を見ながらボートに乗れるということなのですが、2時間、3時間待ちはあたりまえ[exclamation&question]のようです。。一度乗ってみたいですが・・
[ぴかぴか(新しい)]
nice!(0) 
共通テーマ:住宅

ダイカワ冬のお庭♪ [ちょっとひと息]



こんにちは。千葉県東金市でエクステリアやガーデンの提案をしております、
株式会社ダイカワのブログ担当・藤田です。

前回初雪の話題を書きましたが、その日のダイカワの
お庭の様子をスタッフが撮影してくれていたので、ご紹介します[カメラ]

daikawa1.JPG
ちょっと寒そうですが、雪景色と紅葉のコラボ♪
撮れています[わーい(嬉しい顔)]


daikawa2.JPG
園内散策路の様子です。


daikawa3.JPG

daikawa4.JPG

daikawa5.JPG
エクステリア打ち合わせ室にある、
お庭を見渡せる大きな窓から見る景色もなかなかです[いい気分(温泉)]

紅葉もそろそろ終盤ですが、去り行く秋を感じに・・・
ダイカワのお庭にも遊びにきてくださいね[グッド(上向き矢印)]
nice!(0)  コメント(0) 

秋と冬のコラボチャンス!? [ちょっとひと息]



おはようございます。千葉県東金市でエクステリアやガーデンの提案をしております、
株式会社ダイカワのブログ担当・藤田です。

寒い寒いと思ってたらなんと今朝は雪!
しかも現在(10:30)まで降り続いています[がく~(落胆した顔)]
千葉では10cm、都心でも5~10cmの積雪予想だそうなので、
[車(RV)]での移動は十分にお気をつけください&
早めのスノータイヤやチェーンが必須ですよ[パンチ]

交通機関が乱れたり、予定が立ちづらくなったり、
何かと生活に支障が出るので雪はイヤだな~[バッド(下向き矢印)]ということも
多いかと思いますが、実は悪いことばかりではないかも?
それは・・・


紅葉と雪.jpg
Photo by http://photohito.com/photo/2229461/
そう、こんな素敵な景色が見られるかもしれないのです[るんるん]


P1010455.jpg
しかも、都心では54年ぶりという早い時期の初雪。
紅葉まっさかりの今だからこそ、
秋と冬の絶妙なコラボを楽しめちゃうかもしれません[手(チョキ)]


P1010452.jpg
近くの公園も今が紅葉のピークです。
紅葉もいいけど、銀杏とのコラボも捨てがたい・・・[目]


P1010456.jpg
でも、今日は大雪予報ですので、写真を撮りに出かけるのは
雪がある程度収まってからにしましょう[わーい(嬉しい顔)](笑)
ではではまた~。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ちょっとひと息 ブログトップ